保育内容

保育実践

柊グループでは、子どもにとって「できる環境」があるだけで、すべての子が生まれながらに持った能力を引き出し、育てることができます。

「その子にちょうどあった環境」の推進

その子にちょうどあった環境。それは「できる環境」ということですが、それを作ってあげるだけで、子どもたちは自然に自分からどんどんやるようになります。つまりその子の「やる気スイッチ」を上手に押してあげることを大切にしています。

「できることはおもしろい」の実感
おもしろいから練習する、練習すると上手になる。上手になると褒められる。褒められると自信がつく。逃げてばかりいた困難なことにも挑戦し、克服しようとする意欲が生まれます。
幼稚園の一日
保育園の一日
園の年間行事

このページの一番上へ